フィン語トップトップ>ヴオニスラヒティの歴史

ヴオニスラヒティの歴史と地域について

 
   ヴオニスァhティが村の形態を作り出したのは1650年頃で、この頃からここに落ち着きだしました。ヴオニスラヒティはスウェーデン占領下にある間にピエリスラヒティ出来た最初の村です。村は湖畔に密集して住まれており、今では住民は約250人になります。夏季には、住民は3倍にもなると思われます。

ヴオニスラヒティはピエリス湖の東側に位置し、村は1908年に出来た鉄道に助けられて大きく発展しました。その当時は鉄道での運送が頻繁に行われており、コリ地方やロシアなどへの東側の国々への輸送が多くを占めました。また、村はコリの観光に助けられて発展し湖の輸送船などがそのひとつと言えるでしょう。今では輸送船60年代に頻繁に活動し、湖の定期船として動いていました。1995年までは夏季には活動していましたが、今ではチャーター式になっております。




ヴオニスラヒティの構造はシンプルで中心部にサービスや店舗があります。但し、村の活動範囲は広く多くの地方に影響を与えています。ヴオニスラヒティには重要な重要な文化財や石器時代から残っている物があります。村ではこうしたところを維持しようと努めています。
地方の過疎化にもかかわらずヴオニスラヒティのサービスや観光、そして手工芸は今でも残っています。
村のサービス・公共施設にはお店、郵便局、タクシー、老人施設、老人介護、レストランです。また村にある法人としての企業は、預かり施設、漁業企業、工務店、観光関連企業などがあります。

  
村は、エサ・リューナネンとヘイッキ・ツルネンという芸術家を生み出しました。エサ・リューナネンは彫刻家で、パーテリ教会を作りました。パーテリ教会は観光場所でも有名です。
ヘイッキ・ツルネンは作家で村の生活をよく描いた本を書き、50−60年代の問題点を献身的に取り上げています。彼のほんの誕生から2003年で30年がたちました。
 
  ホームページデザイン ingusto.com